自動車保険の選び方~自動車保険の基本とおススメ保険会社

車社会になるとともに増えた事故。

一旦事故が起きると被害者はもちろん、加害者も人生が一変するほどの悲惨な状況に陥ります。

その被害者も加害者も救うのが自動車保険です。


死亡事故を起こしてしまった20代の娘さんは、精神状態がおかしくなって長いこと病院に入院していました。

以前、事故の現場検証をしているところを通りがかったことがありますが、加害者らしき人がふらふらしながら、警察官と現場検証に立ち会っていました。

そんな姿をみると、もしも自分が事故を起こしてしまったらと考えるだけでも背筋が凍る思いです。


事故を起こした精神的ショックは誰にも助けてもらえませんが、自動車保険に入っていればお金の面ではそこそこなんとかなります。

日本のドライバーは、任意保険加入は運転するもののマナーとして定着していて、諸外国から比べたら自動車保険にしっかり入っている国だそうです。

個人のレベルもそうですが、企業でも対人保険の加入額が少ないと、会社の駐車場に停める許可を与えなかったりしています。

しかし、全部が全部ではなく、自動車保険に入っていない車もあり、そういう車が事故を起こした時は、保証額は少ないとはいえ自賠責保険からおります。


事故に遭うと今までの生活が一変します。

入院したり、仕事が出来なかったり、事故後の処理があったりと大変な思いをしなければなりません。

しかし、その前に事故を起こしたときにまず一番にしなければいけないことや、現場の保存はどうするか、保険会社への連絡は?など、その場で急に適切な対応ができる自信がない私は、一応はシュミレーションをしてみなくてはと思っています。


そして、自動車保険のことも、掛け金だけにとらわれていないで、保険の種類やオプション、特約などが自分に合った物かどうかも見直してみる必要があると思っています。


幸いにも、一度も事故を起こすことも、自動車保険も使ったこともなく40年も過ぎました。

このことは、本当に感謝すべきことなのだと改めて思います。

「自動車保険はお守りと思って入っている」という人がいますが、私もまさしくこのお守りに感謝しています。


~車を高く売るのに参考になるサイト~

車売るなら最も高く売れる売却方法